雑誌『歴史群像』2016年6月号(No.137)読了

「雑誌『歴史群像』2016年6月号(No.137)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「真説 ジャットランド海戦」
第2特集「晋州城攻防戦」
第3特集「衡陽の戦い」

今号の巻頭特集は知名度ではやや弱い話題に関する記事が並びました。「真説 ジャットランド海戦」は第一次大戦のイギリス、ドイツ両海軍の一大決戦を扱ったもの。「ジャットランド海戦」は日本ではユトランド沖海戦とかジュットランド海戦などと呼称されることの方が多い海戦で、つまりは現在のデンマークが存在するユトランド半島の西方海上で生起した海戦を指します。「ジャットランド」という呼称は私は初めて見ましたが、英語、フランス語、ドイツ語で発音がかなり相違する単語なので、どの言語の発音を元に日本語の音素に乗せ換えるのか、でかなり違いが出てしまいます。ちなみに、当地の住民の使用言語であるデンマーク語が選択されているのは見たことがないですね。

「晋州城攻防戦」は文禄の役(豊臣秀吉の朝鮮出兵のうちの第一次出兵)の末期に生起した、朝鮮半島南部(南端といってもいいくらいの場所)の晋州城を舞台とした戦い。朝鮮出兵の朝鮮側と言えば朝鮮水軍の李舜臣が著名ですが、陸上にも優れた指揮官がいたのですね。

「衡陽の戦い」は第二次大戦末期に日本陸軍が中国で実施したいわゆる「大陸打通作戦」の後半に生起した、湖南省の都市・衡陽を巡る戦い。大陸打通作戦は日中戦争末期にあっても日本陸軍はまだ余力を残していたとの文脈で語られることが多いですが、前線ではやはり弾薬の枯渇などの末期的状況は発生しており、中国軍が戦略的撤退を転換して反撃に転じれば、すぐにも苦戦に陥る様が描かれています。

他の記事では、「再考 薩長同盟」が面白かったですね。薩長同盟は従来、討幕を目指した軍事同盟と理解されてきましたが、薩摩と長州は単にそのような夢を語り合ったのではなく、もっと目先の現実的政治問題への対応としてこの同盟を結んだのだという話。小松帯刀に対する評価も正当なように思えます。よい記事です。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2016年4月号(No.136)読了

「雑誌『歴史群像』2016年4月号(No.136)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「第一次上田合戦」
第2特集「西部ニューギニアの攻防」
第3特集「ドイツ空軍の誕生」

「第一次上田合戦」は前号に引き続いて大河ドラマネタです。ただ、上田合戦を単なる上田城攻防戦としてではなく、上田平全体を戦場とする面の戦争として捉える視点は面白かったですね。「西部ニューギニアの攻防」は「決戦」の無いままにずるずると物量に押される日本軍を描きます。特にどこかで大敗したわけでもないのに、ずるずると戦線を下げざるを得ない日本軍の状況の絶望的な様子がよく分かります。

他には「幕末佐賀海軍」はほとんど知らない話だったので楽しんで読めました。薩長土肥と並び称されながら今一つ影の薄い佐賀閥ですが、こういう根源があったのですね。「南米独立戦争」も日本ではなかなか読めない話です。南米諸国は今でも貧しく、経済的には新興国扱いですが、その独立は明治維新よりも50年ほど昔。近代国家としての歴史は日本よりも長いのです。南米諸国の独立後の歴史も、ぜひ近々読んでみたいものです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2016年2月号(No.135)読了

「雑誌『歴史群像』2016年2月号(No.135)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「戦艦『金剛』の生涯」
第2特集「真田信繁の大坂の陣」
第3特集「フランシス・ドレイクの生涯」

「真田信繁の大坂の陣」は恒例の大河ドラマ関連ネタ。しかし内容には特に新しいものはありません。「フランシス・ドレイクの生涯」は、イギリス・エリザベス女王の時代に活躍した私掠船の船長の話。「女王陛下の海賊」と呼ばれた人物ですが、今でこそ国連常任理事国でありG7のメンバーであるイギリスも、400年余りの昔にはテロ支援国家であったというお話です。

他に面白かった記事は「サルフの戦い」。これは中国最後の王朝・清を建国した女真族の「汗(ハン)」であるヌルハチが、明朝との間で戦った一大決戦です。私はこの戦いの存在自体は知っていましたが、詳細はほとんど知らなかったためかなり興味深く読めました。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2015年12月号(No.134)読了

「雑誌『歴史群像』2015年12月号(No.134)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「ソ連軍冬季攻勢 1942 - 1943」
第2特集「『三四三空』の真実」
第3特集「南北朝九州軍記」

「ソ連軍冬季攻勢 1942 - 1943」は例によって、最近流行りのソ連側から見た独ソ戦。近世以前の歴史については、例えば織田信長などが良い例ですが、さも勝利者は最初から全てを見通して手を打ち、敗者は最初から罠にかかり全ての手が裏目に出るかのように、勝利者を「スーパーマン」として描きますが、この独ソ戦についてはドイツもソ連も互いに誤謬を繰り返しながらも全体的な戦争の流れが現れてくるのが、非常に現実的で面白いですね。

「南北朝九州軍記」は表題の通りの内容ですが、戦国、幕末に比べると人気に劣る南北朝の記事は珍しく、菊池武光の活躍が面白い記事です。ちなみに、「『三四三空』の真実」に出てくる大刀洗基地の名前の由来が、「南北朝九州軍記」に出てくる菊池武光の故事であるのは、計算された繋がりなのでしょうか。

他の記事では「八路軍vs.日本陸軍」が良い記事でした。最近のアメリカ対イスラムの非対象戦争は「新しい戦争」と言われていますが、すでに日本陸軍は中共を相手に非対象戦争を戦っていたのです。あとは「豊臣大名 長宗我部氏の落日」も興味深く読めました。最近ホットな長宗我部氏ですが、元親次男の香川親和がこれほど高く評価されている記事は初めて見ました。新鮮ですね。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2015年10月号(No.133)読了

「雑誌『歴史群像』2015年10月号(No.133)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「帝国海軍軍備計画 1941~1945」
第2特集「地中海航空戦」
第3特集「シュリーフェン計画という神話 その虚像と実像」

「帝国海軍軍備計画 1941~1945」は、日本海軍は結局のところ戦前に保有していた戦力のみで戦い、「作りながら戦う」とした戦前の計画は全く機能しなかったという話。なんとなく熊本の震災避難計画を見るような話です。「敵」とか「自然」とか、こちらの都合など考慮してくれるはずのない相手に対する計画を立てるのは非常な困難が伴いますが、それにしても想定が甘すぎるのは70年を経てほとんど進歩していないようです。

「シュリーフェン計画という神話 その虚像と実像」も、事前の計画の想定が甘すぎるとうう話で、これは日本人のみならず人類共通の課題であるようです。人間は根本的には想定したことにしか備えることができません。東日本大震災以来、「想定外は許されない」などと声高に叫ぶ人々がいるようですが、そんなことは原理的に不可能です。不可能なことを要求するのは、私には至って無責任な行為に見えます。

その他の記事では「”鉄炮足軽”木下弥右衛門」は面白かったですね。木下弥右衛門とは豊臣秀吉の父とされる人物のことですが、息子・秀吉の知名度に比して不明点が多すぎる人物です。本記事では、この謎多い人物の実像に迫ろうと挑戦しています。状況証拠からの推測に推測を重ねている感は拭えませんが、木下家は実は貧農ではない、など、興味深い論考が繰り広げられています。また「カメハメハ大王のハワイ統一戦争」も面白い記事でした。こちらは私自身がほとんど知らない話題だったので、純粋に知的好奇心を満たす記事として楽しめました。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2015年8月号(No.132)読了

「雑誌『歴史群像』2015年8月号(No.132)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「ブーゲンビル島沖航空戦」
第2特集「東部ニューギニア攻防戦」
第3特集「失われた戦争終結への道」

この号は去年、つまり戦後70年の年の8月号ということで、「戦争の潮目はこの時変わった」との視点で、第1特集で日本海軍、第2特集で日本陸軍、第3特集で大本営において、戦局が暗転していく過程を描きます。「東部ニューギニア攻防戦」では、大した決戦も無いままジリジリと力負けしていきます。「失われた戦争終結への道」ではミッドウェー海戦以降は場当たり的な対応を続けて、そもそもの目的であった中国の屈服も忘れて太平洋戦線にのめり込み、何も成し遂げられないまま全方面で身動きが取れなくなっていきます。失敗するときというのはこういうものではありますが、どこかで敗勢に気付いて諦める決断が必要だったのですが、天皇の下に政府と陸軍と海軍が並立する体制では誰も決断できないのも道理です。

他に面白かったのは「応永の外寇」ですね。これは1419年に朝鮮王朝が対馬に攻め寄せた事件です。私はこの出来事自体は知っていましたが、詳細は全く知りませんでしたので、非常に興味深い記事でした。日本側にも朝鮮側にも複雑な事情があり、結果として中途半端な軍事衝突として終わりました。この事件における一番の見どころは対馬宗氏の立ち回りですね。地政学的に特殊な位置にある対馬の島主としての宗氏のふるまいは、日本、朝鮮の中央に比較してはるかに現実的で、賢明に見えます。

「ソ連邦崩壊」も面白い記事でした。もう若い人にとってソ連は歴史上の存在と化しているようですが、私の記憶では東欧の民主化やバルト3国の独立などの大事件のあと、ロシアの存在が大きくなっていく中でいつの間にか「ソ連」は無くなっていたような印象でした。その内実も、あれから25年以上を経て、ここまで解明されたのですね。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2015年6月号(No.131)読了

「雑誌『歴史群像』2015年6月号(No.131)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「フランス電撃戦」
第2特集「ミンドロ島沖海戦」
第3特集「戦士たちの百年戦争」

「フランス電撃戦」は、第二次大戦での西方電撃戦のドイツの勝利に関して、戦術/兵器とは異なる視点から見たドイツの勝因を明らかにしようという記事。面白いのは、ドイツが英仏による経済封鎖で戦略物資に窮していたところから、「前方への逃走」を試みたのだ、とする主張。これは真珠湾を襲った日本と同じ開戦動機です。ドイツも日本と通じる事情を抱えていたということです。「ミンドロ島沖海戦」は日本海軍の名将と評価される木村昌福少将(最終階級は中将)の話。木村は海軍兵学校での成績が悪く、その後の海軍内での経歴もとてもエリートと呼べるものではありませんでしたが、しかし実戦の指揮においては類まれな能力を発揮する、「現場の人」でした。非常に「日本人好き」のする人物ですね。木村昌福はあまり世間に知られた人物ではありませんが、いずれ小説や映画のヒット作に恵まれれば人気を博する可能性はあるでしょう。

「パウル・カレルの2つの顔」は全く知らなかったので驚きの記事でした。パウル・カレルはナチ関係者だったのですね。そしてそれは、地元ドイツではすでに常識となっているもののようです。「アメリカとベトナム戦争」も面白い記事でした。著者の言う通り、アメリカ軍は世界最強ではあるものの、アメリカは軍事力で何でもできると勘違いしているものと、私も思います。ベトナムでもアフガニスタンでもイラクでも失敗し続けて、それでもなお「勘違い」を改められないのはなぜか、そちらの考察も、突き詰めてみれば面白そうです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2015年4月号(No.130)読了

「雑誌『歴史群像』2015年4月号(No.130)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「ビルマ戦線の崩壊」
第2特集「再検証 バトル・オブ・ブリテン」
第3特集「長宗我部元親の四国統一戦争」

今回の特集の中で一番おもしろかったのは「長宗我部元親の四国統一戦争」ですね。一昨年発見された「石谷家文書」により、元親の身辺がにわかに注目されています。本記事でもいろいろ新機軸が打ち出されており、楽しんで読むことができました。「ビルマ戦線の崩壊」も興味深い記事です。私も知りませんでしたが、第二次大戦末期に実施された無謀な「インパール作戦」の失敗後、その撤退戦はさらに悲惨なものだったという話です。

他におもしろかったのは「トリポリ戦争」ですね。今は世界の超大国であるアメリカも、かつては北アフリカの海賊国家に通行料を支払い、身代金を献上していた時期があったのです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2015年2月号(No.129)読了

「雑誌『歴史群像』2015年2月号(No.129)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「『加賀』出撃す」
第2特集「大坂の陣へのカウントダウン」
第3特集「リヒトホーフェン」

今回の特集は今一つ不作な印象です。唯一感心したのは、リヒトホーフェンがオーガナイザーとして有能であった、ということを知ることができたことくらいでしょうか。

他 の記事では「琉球戦国史」がおもしろかったですね。これは私自身、あまり知らないネタだったために、知的好奇心としておもしろかったという要素が大きいで すが、沖縄の歴史の独自性を改めて認識しました。日本人の多くは沖縄の歴史を知らないと思いますが、一方で沖縄では京都、江戸を中心とした「日本史」は自 分たちの歴史として認識されているのでしょうか。もちろん日本各地でも郷土史として地元の歴史を知る機会は多いのですが、沖縄の歴史は郷土史として扱うに は独自性があまりにも高いものです。これを機に、沖縄の歴史をより詳細に勉強してみたいと思わされました。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌『歴史群像』2014年12月号(No.128)読了

「雑誌『歴史群像』2014年12月号(No.128)」を読みました。

この号の特集は以下の通り。
第1特集「ソ連軍冬季大反攻 1941~1942」
第2特集「島津氏の朝鮮出兵」
第3特集「中越戦争」

特集で一番面白かったのは「中越戦争」ですね。「中越」は中国とベトナムの二カ国を指します。この両国は有史以来幾度となく交戦していますが、一般的に「中越戦争」と言えば1979年の2月から3月にかけて両国間で生じた戦争のことで、本記事もこの戦争を取り扱っています。昨今の日本の風潮から言えば、中国憎しの感情から、「大国」である中国と「小国」ベトナムとの対比、そして中国から仕掛けておいて負けて帰ったという展開をおもしろおかしくと取り上げそうなところです。ところが、本記事ではベトナムの小中華思想からのカンボジア侵攻や、したたかに中ソ対立を利用する姿なども取り上げ、安易な善悪二元論ではない良い記事になっています。この姿勢により、かえってベトナムの戦略の凄味が感じられます。

「島津氏の朝鮮出兵」も興味深く読めました。戦国時代は室町以来の権威が崩壊し、大名当主と臣下が一丸となって戦えるような君臣間の隔たりの小さい大名の方が生き残る傾向にあり、それが為に大名当主と臣下との間に絶対的な服属の関係は存在していませんでした。それが豊臣政権による全国統一の過程で、大名当主は上に豊臣公儀を頂く中間管理職的な立場に変化しました。このため、大名当主は上からの指示を臣下に強要する必要に迫られることとなります。絶対的服属関係に無い他者に対して、上からの指示を強要することは容易なことではなく、島津家に限らず豊臣家に服した旧族大名家は多かれ少なかれこの種の障害に苦しんでいます。この記事では島津家における「この種の障害」の具体例が描かれており、その点において勉強になります。

他に面白かったのは「真説 大野治長」ですね。確かに、10万とも言われる浪人衆を自壊させることなくまとめあげ、敗れたとは言え決戦にまで持ち込んだ手腕は評価されても良いようには思います。ただ、片桐且元が大坂城を退去して以降、大野治長が大坂方の実質的な指揮を執っていたことを示す一次史料は記事中に示されておらず、その点は著者の推論にすぎないようにも見えます。しかし推論であったとしても、その前後の大坂方の行動との間に矛盾は特になく、非常に興味深い推論であると言えるでしょう。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«雑誌『歴史群像』2014年10月号(No.127)読了